小柄な女性がバイクに乗る時のコツ

小柄な女性でもバイク免許は取れるのか?

身長が低め、体格も細めという小柄な女性の中には、「ある程度の身長が無いとバイクの免許が取れないのかな…?」「バイクの免許は欲しいけど、力がないから無理かも…」このように、自分が小柄な体系であることに悩み、バイク免許取得を諦めてしまうという女性も少なくないようです。

ですが安心してください。
小柄な女性でも、コツさえ掴んでしまえば、バイクに乗ることは可能です。

もちろん、教習所によっては、ある一定基準をクリアしていないと、小柄な女性がバイク教習に通うことをお断りされてしまう場合があります。
ですが、全ての教習所で共通の基準というわけではなく、特に何の基準もなく、バイクにまたがることや、年齢がいっていれば出来ればOKとしている教習所も多くありますので、一度断られたからと言って、諦めてしまうことはありません。

万が一初めの教習所でお断りされてしまった場合は、近くの別の教習所に再トライして、免許取得を目指すところから始めましょう。

低身長でもコツさえ掴めば大丈夫!苦労するポイントは?

元々バイクの免許を取る際には、小柄か大柄かに関係なく、運転方法、バイクの起こし方などのコツが掴めず、苦戦する方がほとんどです。

ですが、小柄な人でも大柄な人にも言えるのが、人間は、諦めずに続けていれば必ず慣れてくるということ。

大柄な人の方がバイクが倒れた際に筋力で起こせるから楽だろうなぁと感じるかもしれませんが、それは間違いです。
起こし方のコツを掴んでいないと、下手をすると、コツを掴んでいる小柄の人よりも、大変な労力で起こさないといけなくなるような状況も出てくるのです。

あくまで体格の差ではなく、コツを掴んでいるかどうかの違いであると言えるでしょう。

身長が低い方が苦労するポイントとして挙げられるのが、やはり足さばきです。
バイクにまたがった際に足が地面まで届かず、思うようにバイクを進められないということですが、こちらも、インヒールの靴を履く、足の伸ばし方、座る位置を変えるなどの対策を行うことで解決することがほとんどですので、心配はいりません。

力が無くてもバイクは乗れる!

何度も言うようですが、小柄な人=バイクに乗れない、免許が取りにくいというイメージは大きな間違いです。
現在ライダーとして、休日にはバイクを乗り回しているという女性の中にも、身長が140㎝代という方は、意外とザラにいます。

大切なことはあくまで、バイクに乗る時に注意するポイントはコツを掴んでしまうということです。

身長に関係なく、腕力に関係なく、コツやポイントさえ掴んでしまえばバイクはどうとでもなると言っても過言ではないと言えるでしょう。